<<< 【おかまる徹底解析】 >>> 

面白い画像を入手したので、その画像の説明と活用法について少し考えてみたいと思います。

まず、上の画像をご覧下さい。 なんだかよくわからないと思いますが、これは南伊豆は石廊崎の「陸の丸島(おかのまるしま)」周辺の海底を、音波によりスキャンし、それを写真化したものです。
真ん中の黒い所は水面から飛び出して居る所。つまり、磯そのもの。
その周囲は基本的に色の濃淡が濃い方が水深が深い所です。 (基本的にと書いたのは、高い根の影などによりスキャンできなかった場所も磯と同じ様に真っ黒になってしまっているから)
左の方が波模様の様になっているのは、海底が砂地であると思われます。
要するに、海の水を抜いて航空写真を撮ったとイメージして下さい。
この画像だと知っているおかまると少々イメージが違いますね。

そこで、航空写真をトレースしてイラストをおこしてみました。
完全に真上からの写真では無いので、多少のゆがみはあると思いますが、私が以前に書いたポイントガイドよりは正確なはずです(笑)
これだとだいぶイメージ出来るでしょうか。
左側がチャカ場で、右上の方が牛ヶ瀬方向、下が灯台方向になります。
では次に、このイラストと画像を重ね合わせポイント図を作ってみます。

Aは沖側の本命ポイント。
B,Cがチャカ場。
Dがイシダイ場になります。

私にとって、A~Cのポイントはこれまで経験上想像していた地形とかなり近いモノでした。
ですが、Dのポイントの周りがこれだけ根が複雑に切り立っているとは思っていませんでした。
両角以外は比較的根掛かりもなくドン深だと思っていたのです。
イシダイを狙う場所だという先入観もあったでしょうし、掛かった魚も比較的取りやすかったからです。

逆に自信を深めたポイントがEです。
ここは1の潮が来た時に狙うのですが、この方角の50~60m沖に根があると考えていました。
過去に、ポイントガイドにもそのように書いたことがあります。

2の潮が来た時に狙うポイントFではよくイサキが釣れるのですが、ここから先は根も無く潮の釣り場の様ですね。40m程までを繰り返し流した方が効率が良いかもしれません。

新しいポイントとして狙ってみたいのがN1とN2です。
ここは今まで狙ったことがありません。

N1は磯から50~60m程ありますから、狙える条件は限られてしまうかもしれませんが、かなり大きな根ですから期待出来ます。

N2はチャカ場から遠投して狙えそうです。
潮が弛んでいる様な時で、他に望みが薄い時はチャカ場から30~40m遠投して海底付近を狙ってみたいです。

最後に、もうひとつ。

上の図は本命ポイントAのアップです。
私は、この場所の海底の形に凄く興味がありました。
それは、浅いタナで食わせた魚や、ある程度の大きさ(40cmぐらいまで)の魚は足下に突っ込むのですが、それより大きな魚を沖で食わせると、その先に張り付く場所が2カ所程あったからです。
仲の良い友人には、「あそこは2枚刃、3枚刃になっている!」と言っていました。
それをポイント図としては、こう表現していました。(下図)

随分違いますね(笑)
でも、2枚の画像を重ね合わせてみると(下図)謎が解けます。

沈み根と思っていたのは、ハエ根の肩だったのです。
溝が深く入っているので、間違いとまでは言わなくて良いでしょうか。

この画像は磯釣りにとっては相当インパクトの大きいモノだと思います。
新しいポイントの発見や、取り込みのヒントが隠されています。
元画像はもっと解像度が高く、もっと細かいモノまで表示することが出来ます。
皆さんはこんなポイントガイドが欲しくないですか?
【取材協力】 ●渡船:橋本屋 Tel 0558-65-0108 ●画像提供:釣りナビくん http://tsurinavi-kun.com/ ※今回の画像はテストスキャンのモノです。
ご意見・ご要望はこちらまで。