<<< 【巨フエに破壊されたリール】  >>>
 
巨フエフキとの攻防の中で、「ベールがもげてしまった」と書いたが、読者の皆さんはどこからもげたことを想像しただろうか。
多くの方がパーツの継ぎ目や、ベールの細い部分を想像したことと思う。
ところが事実はご覧の通り。
photo
キャスト成形された一体品のパーツが割れてしまったのだ・・・

アップでもう一枚。

凄いでしょ(笑)

完全に耐荷重を越えたやりとりであり、本来ならブレーキが滑るので本体が割れることはないのだが、両手で強引にリールの逆転を止めた結果なので誤解の無いように。
ちなみに、この時のタックルは竿が2号、ミチイトは3号でハリスが4号だったと記憶している。2000番のリールにはちょっと荷が重かったか。。。
ご意見・ご要望はこちらまで。