Web www.mejina.com



投稿者:吉田 勝
年月日:2018年1月6日
場所:石廊崎
天気:晴れ
海況:凪~西寄りのウネリ
釣果:真鯛30cm めじな25~45cm 10匹


新年あけましておめでとうございます!
今年も宜しくお願い致します!

年末の納竿釣行が悪天候で流れてしまったので、年始に石廊崎に初釣りに行ってきました。
昨年は諸々忙しく1年ぶりの渡船になります。

ワクワクドキドキしながら本瀬港に到着し、準備をすませて出船を待ちます。
photo

定刻に出船後、降ろしていただいたのは赤島。
ウネリが高くなるまでの限定です。

ここは過去に良型のクロダイや、60cm近いイスを釣っている相性のいい磯です。
早々に仕掛けを作り釣り開始。
船着き場からスタートしました。
潮は当て潮で速い流れです。

何度か流してみたのですが、潜り潮に引かれるとウキの沈みが速すぎるのでガン玉を変更して調整しました。
するとしばらくして木っ端オナガが釣れました。
久しぶりのメジナの顔です。
木っ端ですがメジナボーズは免れました。

船着き場は日が出てくると逆光で釣りにくかったので、ウノネとの間を釣ることにしました。
初めは左から右に流れていた潮が一瞬ゆるみ、その後右から左に流れが変わりました。
この潮も流れが速くなり、流れの中を釣ってしまうと足裏サイズまでのオナガが釣れてきてしまいます。
そこで足元の際から仕掛けを入れてゆっくり流すと、ポツリ・ポツリと30cm位までのクチブトが釣れました。

9時半頃に船長が見回りに来て様子を聞かれたので、「型はないですがポツリ・ポツリ出てますので、ウネリが高くなるまでここでやります!」と伝えました。
しかし、このあと木っ端しか釣れず今日は1人だし、ウネリが高くなったら荷物がある船の乗り降りキツイかな?
久しぶりだし大丈夫かな?早めに磯替えしておけば良かったかな?とドギマギしながら釣りをすることに。

磯替えの宮島丸が来た時にまだそれほどウネリが高くなってなかったので、ホッと一安心したのでした。
photo

次に渡していただいたのはエホン。
ここは一昨年の年始にメジナボーズをしてしまった磯。
リベンジです。

船着き場の高いところからスタートしたのですが、海の中を見るとハエ根がキツそうだったので左側の出っ張りに移動しました。
ここなら魚をかけた後、左に誘導すればあまり根がなくとれそうです。

足元左側に流していたウキが消えたのでアワせます。
重量感があります。
結構いい型の魚のようでしたが、何度かのやり取りでハリが外れてしまいました。
あ~~~~~。やっちゃいました・・・。
その後、同じように流しても生命反応がありません。

ポイントを変え沖目に流してみます。
付けエサが取られないのでタナを深くしていきます。
たまに付けエサが取られますがアタりません。

ハリを小さくしようかな?ハリスを細くしようかな?
いやいや、大物がいたらどうする?
でも釣れなかったらどうする?
心の中で葛藤が続いていた12時半。
ウキがスーっと消えていきました。

アワせるとズシーンと重量感があります。
竿でタメていると一瞬ノされたのでレバーブレーキで糸を出して竿を立て直します。
すると、左から遊覧船が来ました。
中の観光客の人がみんなこちらを見ています。
こりゃバラせない。ここでバラしたら恥ずかしすぎる!
と、慎重にやり取りをして魚を浮かせにかかります。
遊覧船も過ぎ去ったぐらいにようやく浮いてきた魚は良型のメジナでした。
最後まで慎重に寄せて玉に入れた瞬間「やった~~~~!」とガッツポーズ。
キーパーに乗せてみると40UPは確実。
photo

その後も同じように釣ってみましたが、30cmくらいの真鯛が1匹釣れただけで終了となりました。

港に戻り検量してもらうと45cm。
photo

年始早々大変いい釣りになりました。

コンスタントに40UPが釣れている石廊崎。
みなさんも行かれてみると良い思いが出来るかもしれませんよ!