投稿者:大矢 義弘
年月日:2017年3月5日
天候:晴れ
潮回り:小潮
水温:14.7℃~
大会名:伊豆フレンドカップ
釣果:口太メジナ 木っ端さん多数 

 こんにちは!
すっかり春らしくなってきたと思えば寒くなり天候がはっきりしない不安定な時期ですね。
出撃したくとも、なかなか足が向かわないのもちょうど3月の頃でしょうか(笑)
今回、第2回伊豆カップに初参加してきました。
photo


前日からの天気予報もまずまずの状態ではありましたが、めずらしく?所長が前日に出撃していまして情報からある程度海の様子も想定していまして今回は事前に家でコマセを準備です。
配合餌4袋のうち、2袋は遠投用を混ぜき混み、オキアミ6kg+アミエビ2kgです。
参加人数も60名想定でしたので、比較的早い時間からの出発となりました。

現地到着はAM1:30過ぎでしたが、すでに港側駐車場は、満杯に近い状態でしたが、運よく1台入るスペースがありましたので、そこに駐車してしばし仮眠を取る事に。

3時半を回る頃、流石に活気にみなぎっている様子が車中からでも感じ取れるくらいに賑わって来ていましたので、外の様子を見ると半年ぶりの友人が目の前に!
ダイワグレマスターズの話で盛り上がりを見せていました。

4時半を回る頃に、いよいよクジ引きの時間になり、番号を引くと21番(比較的良い番号?)と言われ、船はすさき丸さんに決定。
船を待つ間にまたまた大会ではお馴染みの友人と会い、久しぶりに懐かしい会話をしていると程なく船も到着、いざ出船です。

私は、愛知の方と二人で、磯場に降ろしていただき、後番でしたので、最初は空いた場所を探すことになりますが、表側はうねりの影響でアウト、地方のワンドに釣り座を構えることになります。
photo
今回、大阪の友人から届いた杓を携えて、いざ実釣開始です。
地方のワンドということもあり、ほぼ固定に近い浅棚からの開始になりますが、最初に上がってきたのは、ベラさんやフグさんでハリは無くなるし、ハリスはぼろぼろ、たまにできるのは木っ端さんで暗雲が立ち込めます。
ワンドとはいえ、ウネリの影響で頭から潮を被ること2回、コマセもびちょびちょと悲惨な状態から打破すべく、更に地方に移動。
船着きに釣り座を構えた同磯の方は、コンスタントに30あるなしをかけている様子ですが、ウネリとの戦いもなかなか!
私のほうは更に地方に拠ったこともあり、ウキ下2.5mにして、際を流しているとなんとかキーパー1匹目35~6cmでしょうか。
この時、なぜか???ですが、トップから2番目のガイドがいきなり音を立てて割れてしまいました(驚)
音の大きさから竿が折れたと思いましたが、竿は無事で、割れたガイドが道糸の中でぷらぷらと・・・。

しばらくは、その場で粘りましたが、後が続かずまた場所探しの放浪に!
朝一番のウネリも少しは落ち着いたようにも見えたので沖側に座を構え、手前は波でガチャガチャなので、流していると50m程送ったあたりでガツンと出るアタリ!
一瞬尾長さんかと思いましたが、これまた先ほどと同サイズの口太さんです(本日2匹目のキープ)

釣り座交代時間は10:00に設定されていましたので、私は船着きに入れさせていただき、再開するも、アタリはか細くなってきており、ぽつぽつの拾い釣りをしばし行っていましたが、サイズがどうしても30cmにあと1cm、2cm届かないものばかり。
photo

そんな中でもなんとか31cm? 32cmを拾いキーパーに入れておくと・・・・・。
なんと電池切れにて、小さいの2匹が見事にデスってました。(ここでもうお分かりの方もいると思いますが・・・しっかり縮んでおりました(笑))
この時期の30cmキーパーは意外と難しいですね・・・メジナさんにストレッチでもしていただき、背伸びしていただかないと。

14:00の迎えの船にのると、笑顔の方、しぶそーな顔をした方、様々でしたが港に戻ると検量の準備も進んでおりまして、すでにたくさんの方が図っているではありませんか。
デスったお魚さんを出すに忍びないため、35~6cmの二匹だけ検量に、検量後久しぶりにその場で血抜きしてさっそくクーラーへ。
お楽しみの抽選会は多種多様な道具類が全員に配られるよう配慮されていたこともあり、私はシーガーさんのメッシュシャツをいただきました。(そのほかにも小物類を)
photo


次回は12日(サンスイさんの主催する妻良での長江を予定しています)