投稿者:大矢 義弘
年月日:11月5日
潮:大潮 
水温:22度前後
同行者様:橋本さん 上野さん 大沼さん
渡船場所:神子元島 アンドロ
釣果: ツムブリ(7匹)オジサン(久しぶりに1匹)イサキ多数 木っ端さん多数(20数センチが多かったです) イスズミさん等
渡船宿:磯治丸


こんにちは
今回、3連休をどうしようか?と考えているところにお声掛けをいただき久しぶりに神子元島にて竿を出すことができましたのでレポートを!

朝一番の当日、30名様以上の団体予約が入っているとの情報もいただいていましたので、少し早めに現地入りを目指すことにしました。
橋本さんにお迎えしていただき、道中釣りの話題で話も尽きない中、到着・仮眠の段でゆっくりしていたところ、徐々に港も活気づいてきました。
どうやら釣士道さんの全国大会が伊豆で開催されるとのことです。(期待通り、ご無沙汰していた友人にも会えました)
photo

今回のコマセメニューはV10+伊豆ではおなじみのパン粉の大袋にオキアミ9kgを仕込み、予備餌として爆釣グレ1袋を忍ばせ沖を目指します。
アンドロは初めてのお二人に橋本さんからのアドバイスを聞きながらそれぞれの釣り場に展開していくことになります。
三つ根向きに上野さん、ワンド奥から順番に大沼さん、橋本さん、私の配置からのスタートフィッシングです。

思っていた以上にワンド側は落ち着いていましたので、1.75号竿をベースに0号ウキ 道糸2.5号・ハリス3号にて第一投、投入前にコマセを10数杯撒いていたこともあり直ぐにアタリを拾え、浮かせるとなにやら赤い魚影。
おひげを生やしたオジサン、数年ぶりに釣りました(笑)
photo

コマセを打ち返すとやたらと餌だけかすめ取られるので、偏光に変え、海を観察するとシラコダイやらオヤビッチャ等の口の小さい小魚がコマセに乱舞しているのが見えます。
その下で銀色の魚体・白い尾を持つお魚がコマセに突進を繰り返すのが確認できましたので、際は早々に切り上げて沖側へキャストを繰り返すと小さいながらも元気なイサキが上がります。
最初のうちは全てリリースしていましたが、そのうちにの針を飲み込んでしまったイサキさんも、なんとか血を出しながらも海に戻っていくのを確認でき・・・・。
ただこれが後々、あの方々を呼ぶことになるとは・・・。

朝一番のチャンスタイムはイサキさんや木っ端さんが竿を曲げてくれました。
三つ根側も朝方が期待していた型には恵まれないようで、更なる太い竿を準備しているところを見ると最近はやりのスルルー釣りですね。 (ツインパワー14000&5号竿で完全フルメタルジャケット)
一方ワンド側は一旦の落ち着きを見せていたこともあり、各々ゆっくりと周りの探索や仕掛けの手直し等様々です。
私も針を結び直し、再開し、沖目に投入を繰り返していると、イサキとは異なる横走りをするお魚と遭遇、尾びれの黄色が確認できたところで、ゆっくり疲れるのを待つ事に。
上がってきたのは、ツムブリさんです。(こちらもご無沙汰していたお魚ですね)
photo

お声を掛けるとキープのご要望がありましたので、氷水のクーラーへ直行していただきました。
それから、イサキ・イサキ・ツムブリのペースでツムブリさんは大小7匹釣り上げていましたが、突然黒い大きな影が水面下に。

どうやら小型のイサキをリリースしていく中で、口切れした魚から出る血によって集まってきたことが推測されます。
しかも1匹だけならまだしも数匹旋回を繰り返すようになってきましたら大変です。
魚をかけると綱引きごとくサメと追っかけっこが始まりますが、少し型が良い魚は、それなりに抵抗するので、その抵抗の最中に敢え無くサメの餌食に。
自分の中で本日一番のメジナのアタリと思われる魚をかけましたが、岸際までなんとか手繰り寄せるも一瞬、根に向かっていく際に見事に食べられちゃいました(涙)

そんな中、ハリスも4号と魚とのやり取りをある程度強引に対応できる太さにアップし、ゴリ巻きするもやはりサメは手ごわかったですね、一気に糸を出されオートリリース。
橋本さんや大沼さんも横取りされながらもサメとの格闘に敗れていく中、5号竿を手に強力な助っ人として上野さんがワンドへご招待。
何度か流す中、ついに戦い開始となりますが、サメも必死の抵抗を繰り返し、しまいには水面から飛び出しジャンプ一閃、見事にラインブレイク。
近海のサメがジャンプするのは見事ですね(笑)
残念な事にシャッターチャンスを逃したのが悔やまれます。
予備餌の封も切り、最後のまき餌と合わせ、残り時間を堪能していとまたまた大きなアタリを拾う事ができましたので合わせをばっちり合わせる事は成功したのでですが、ハリスのラインブレイク。
そして、またまた繰り返しの登場に私のほうからこれで打ち止めとばかりに今回はここまでです。
photo

余談ですが、伊豆の東ルートに最近どんどんラーメン屋さんができてきていますよね!
帰り道、釣り人はおいしいラーメン屋さんに引き寄せられて、各所に集まってくるのが個人的にはヒットしました(笑) (あちらが混んでいれば、別の店、別の【店】と流れていく先々に釣り人の姿があり、お知り合いになれる交流の場でもあると!