Web www.mejina.com



2019年4月13日

 今週も石廊崎へやってきた。
今年は、凪ではないがナライで竿の出せる土曜日が多く釣果も良い♪
今日は風も弱く、程良い波があって絶好のコンディションだ。

私が降りたのは赤島のブダイ場。
写真奥に見えているのは中木大根だ。
photo
まずは、釣座左手のサラシを攻めてみる。

エサ取りは居ない。
少しづつタナを深くしていくと、すぐにアタリ。
なんなく上がって来たのはイサキ。
photo
2~3匹イサキが続いた後、アタリが遠のいた。
エサも残る。
バカバカ小さいのが喰ってくるよりは、こうゆう状況の方が好き(= ̄▽ ̄=)

しかし、程なく風が吹き始めた。
浜島の方から、暴風と呼べるレベルの風が吹き抜ける。
磯で言うと、左から右だ。

全くエサが取られないので、仕掛けを変えて手前から深めに探っていく。
道糸を横風に取られない様に、サラシの下に仕掛けを入れてサラシの際を狙う。

2時間程粘っただろうか。
サラシの切れ目から、ウキがゆっくり消えていった。
アワセを入れると、足元に突っ込んでくる。

一気にリールを巻き、強引に浮かせてみると40ある無しのクチブトだ♪
ところが、姿を確認したその瞬間に針ハズレ。
んー掛かりどころが悪かったか。。。

気を取り直して同じ様に攻めると、今度はちょっと違う引き。
足元でバタンバタンして全然浮かないのだ。
スレ掛かりかな~と慎重に応戦するも、またもや鈎ハズレ。

そして、またイサキに戻ってしまった。
逆光でウキが見づらくなって来たこともあり、風を背負える鵜の根向かいに釣り座を変更する。
何故これまでこちらを攻めなかったかと言うと、サラシを外れた仕掛けが引っ張られる様な潮が来ていなかったから。
そして、その潮が来始めたのだ。
潮は下りで、赤島のカツオ向かいからブダイ場をかすめてトビ根方向に流れている。

潮に任せて流していくとイサキが釣れる。
手前は全くエサが取られない。
見回りに来た船長も「どこも喰いが渋いから後半乞うご期待で」と言っている。

しばらくして、多少当て気味の潮が来たところでようやく最初のクチブトをゲット。
photo
30無いかな?

そしてエサが残る。

しばらくしてオナガ。
photo
こちらは30ぐらいか。

そしてイサキ・イサキ・イサキ・・・
もはや、ここは石廊崎じゃなくてイサキ楼じゃ(´・ω・`)


愚痴を言っていても魚は釣れないが、気持ちの切り替えにはなる。
Twitterで憂さを晴らしつつ、後半のワンチャンスを待っているとちぎれた海藻が流れてきた。
「ちぎれ藻に」俳句を読もうとするが上五しか浮かばない。。。

昼近くになって、底潮が鵜の根方向から当ててきた。
朝方攻めていたサラシの方にコマセが効いているはずだ。
太陽も移動してこれならウキが見える。
よし!最初のポイントに戻ろう。

相変わらず、風は左から右に強く吹いている。
上潮は風で滑っているので、そのままでは仕掛けがポイントから外れてしまう。
サラシの向こう側に仕掛けを投げ、そこに道糸を引っ張らせて仕掛けを入れていく。
すると、ようやく良型ゲット♪
photo
ここまであまりに厳しく、写真を確認する余裕も無いので尾っぽがスマホの影に^^;
なんか雰囲気無いけど、これでも38センチ(持ち帰って翌日検量)

続けてすぐに同じポイントでまたもアタリ。
今度はやたらと足元に突っ込む。

一度張り付かれるが、あまり強く引っ張らずに魚を感じるぐらいのテンションで
入った方向からトントンするとすぐに出てきた。
ウキが水面を割り、魚が見えるのも時間の問題というところでまたもピトッ。
こんな浅い所で張り付く?
っていうか、この下にそんなエグレあったのか。
何回もここで魚釣ってるし、40オーバーを獲ったこともあるんだけどなぁ。。。
って考えるぐらいの時間、磯際まで降りて竿を突き出して待っているとまた動きだしたw

今度は魚の姿を見るまで竿を立てずに前に前に引っ張る。
浮いてきた魚はまずまず♪
無事タモに収まり磯に上げてみると、唇1枚。
朝の鉤ハズレも納得。

渋い時って、大型ほど渋いんだよね~
photo
今日は石廊崎で唯一の40オーバーだったので、ギリギリでだけど大満足(*´ω`*)

サラシの釣りは好きじゃないけど、今年はなんだかサラシでよく釣れるな~

今日の釣果:メジナ8匹ぐらい(30~40.2センチ)、イサキ15匹ぐらい