Web www.mejina.com



2019年3月30日

 先週に引き続き石廊崎へやってきた。
風が変わったら早上がりかもしれないということだが
北東微風に少しのウネリと絶好のコンディションだ。

私は浜島に渡礁した。
photo
私が立っている場所の背後に見えているのも浜島の一部。
写真にはほとんど写っていないが、その左奥に位置するのが先週降りた浜小島だ。

チャカ場の左右に程良いサラシが出ているので、チャカ場から竿を出した。

潮は左から右へやや押し付け気味に流れているので
右のサラシへのぶっつけを狙ってみる。
photo
先週の様にクサフグが居ないことを祈りながら第一投。

エサが残る♪

少しづつタナを深くしていくと、1本と半ピロぐらいでウキがシモった。
そっときいてみるが乗らない。。。

同じポイントに仕掛けを入れると、またタナが取れたあたりでウキがシモる。
今度は、ウキが加速するまで待ってアワセを入れると30センチぐらいのクチブト。
photo
パターンを掴むと続けて喰ってきたが、30~35センチぐらいで先週より一回り小さい。

左側に目を向けると、大きなサラシ2つの合流点が美味しそうではある。
が、潮だけでなく風も左から右手前に吹いている。
photo
とりあえずサラシとサラシの間の磯際にコマセを入れ、ポイントを作りつつ右のサラシを狙う。

と、とうとうオナガも混じってきた。
photo
意を決して左側のポイントを狙ってみる。

まず釣りたいポイントより左に遠投し、道糸の着水点を手前のサラシの向こう側に置く。
そして道糸をサラシに乗せて送り出す。
だいぶ糸フケは多くなるが、こうしないと仕掛けが引っ張られてしまうはずだ。

数投してもエサが残るので、タナを深くしていくと1本半ぐらいでアタリを捉えた。
糸フケが多いことと遅アワセも相まって、糸を巻くより早く魚が足元に突っ込んで来る。
思いっきり竿を立てて上に引っ張るが、儚くもウキはハエ根の下に消えていった。。。

磯の左端に行って、トントンしてちょっと左に引っ張ると無事に出てきたのは30後半のクチブト♪
photo
やっぱりこっちか。

もっと大きいのが喰った時に、さっきの状況はまずいので仕掛けを変える。
ハリスを1.7号に落とし、ウキをBにあげてジンタンを追加、ウキ止めを矢引きぐらい戻し
ウキ下の立ちを良くして、誘導を短く同じタナを釣る作戦だ。

すると、また似たようなアタリを捉えた。
しかし、今度は更に速く突っ込まれてさっきと同じ状況に。。。
そして、さっきと同じやり取りでは出てこない。
しばらく粘ってみたが、魚の感触を感じない根掛かり状態になったので諦めた(u_u)

また右側を狙ってみるが、やはり35センチクラス。
どうしたら良い?

喰わせない事には始まらないので、再度左側を狙う。

しかし、エサが取られない。
タナを下げ、また1本半ぐらいでアタリを捉えた。

今度は、竿を立てずに下を向けたまま右に引っ張ってみる。
すると、張り付く事無く正面ぐらいまで寄ってきた。
チャカ場正面まで来たら、焔月殺法のごとく右から円を描く様に竿を起こす。
1/12のレポート(1月12日)にも書いたが、ここは右に引っ張ると取り込みやすいのだ。

そして無事取り込んだのがこいつ(*´ω`*)
photo
40センチは確実に超えている♪
物凄い満足感w

が、ここでアタリが遠のく。
タナも更に深くなり、竿2本弱のところでベラ。。。
ベラ。
ブダイ。
photo
ベラ。
イシダイw
photo
そして出ましたタカッパ・・・
photo
このままで終わるのは嫌だったので、粘って粘って執念でクチブトを追加。
36~37ぐらいだけど、タカッパで終わらなかった事で充実感120%アップ!
photo
今回、メジナを3匹だけ持ち帰ったが白子X2真子X1共に大きく
そろそろ南伊豆は乗っ込みがピークを迎えそうなのですよ~

今日の釣果:メジナ15匹ぐらい(30~42.7センチ)、イサキ3匹、、イシダイ1匹、ブダイ1匹、タカノハダイ1匹、ベラ4匹