Web www.mejina.com



2018年11月24日

 前回釣ったアカハタとカツオが美味しすぎて、魚屋さんのお刺身が・・・(u_u)
ということで、まだまだ水温の高い石廊崎へやってきた。
photo

一番船を見送り周囲が明るくなると、港にはテングサが干されている。

ナライが強いので、一番船の皆様は上磯へ。
私は陸の丸島に渡礁した。
photo

まずは程よくサラシている向かい風の沖側へ。
払い出す感じは良いが、一投目から付け餌が消える。
10カウント
5カウント
これじゃ逆光のなか風に向かう意味が無い。

風を背に受けられるチャカ場右へ移動するが、こちらも同じなのでチャカ場側の左端まで移動。
ここは水面に陽が当たっており順光なので水中が良く見える。
潮は左方向に流れており、コマセを撒くとスズメダイの黒い絨毯も左へ出ていく。
その後ろでチョロチョロと磯際からメジナが出入りしているので、コマセを撒いて絨毯が離れてから仕掛け投入。

すると、25センチクラスのオナガがヒットした。
photo

このクラスのオナガが元気な様では厳しいので、港向きにど遠投してみればコイツ(u_u)
photo

サラシの際に入れてみたらイサキ。
というか、コマセをガンガン入れればどこでもイサキ(笑)
photo

困った時のヘチ頼みで、ようやっと30オーバーのクチブト♪
30センチでオーバーを使いたくない。。。
photo

そのうちにオカちゃんが湧き出した。
タナは浅い。

すぐにハリスを矢引きにカットし、ウキを固定にすると1発でヒット。
もう重さだけでメジナじゃないのがわかる。
右に左に凄まじいトルクで暴れまわる。

竿はバットから曲がり、3番まで水中に突き刺さっている。
足元の棚にハリスが当たるので、竿をあまり起こせない。
ここで糸を出したら取れないのは何度も経験しているので、全身のバネを使って耐える。
嫌だーーーーイスで竿折りたくないーーーーーーーw

何とか堪えきって取り込んで見れば悠に50センチは超えている。
photo

今回の課題の一つが手持ちの自撮りだったので、ウンコに細心の注意を払って手持ち(笑)
あ、これなら動画で釣るとこ撮れるかも!とチャレンジしたのがこちら。

サイズは40ちょいぐらいでしたが、コマセを撒き仕掛けの投入から魚の取り込みまでノーカットで撮影できました。

ここでチャカ場に戻り仕切り直し。
今日の風でも狙える 特別企画!おかまる徹底解析のN2を試してみるが、イサキかオナガ。
たまに大きなサメがユラユラと巡回するが、エサ取りは消えないので深棚は狙えない。

やっぱり右の沈み根周りかな~と仕掛けを入れると、サラシで沖に払い出されたウキが消えた。
ちっこいオナガかな~と合わせると一直線に足元に走ってくる。
一気にリールを巻きグッと耐えると呆気無くハリス切れ。

え?誰?
イスの様にグリグリもされず、クチブトの様に根ズレ無しでチモトからスパっと切れている。
オナガですか?
乱舞するオカちゃんの中にそれらしいのが見える気がするのだが。。。

この後も同じ様なバラシが3~4発。
エサ取り対策でコマセの消費が激しく、12時を回ったあたりでもう数回分しか残っていない。
次こそ取るぞ~とアワセと同時に猛烈なスピードでリールを巻きながら竿を煽ると、今度はちょっと小さい。
足元に来る頃には姿が見えるかというところで、サメがパクリ。
呆気無くスパっとチモトからハリス切れ。

あら?サメでこのパターンか。
ほんとバラした魚というのはわからないものだ。

メジナ10匹ちょいぐらい(オナガ・クチブト混じりで25~35センチぐらい)、イサキ10匹ちょいぐらい、イスズミたくさん、キタマクラ1匹