2017年11月3日

 ようやく凪予報の週末を迎え、石廊崎にやってきた。

photo


降りたのは浜島。
程よいサラシがあり、邪魔な風も無い。
台風が続いてしばらくエサが入っていないと思われるが、それが吉と出るか凶と出るか。

期待を胸にチャカ場正面から第一投。
仕掛けは沖に向かい、左からのサラシと右からのサラシのヨレに吸い込まれていく。

ウキがシモったところで、道糸が潜って仕掛けを引っ張らない様にメンディングしながら更に糸を送る。
と、ユラユラっとウキが水中に吸い込まれた。

そっと聞いて人差し指に伝わる魚の感触にグッっとアワセを入れる。
ここの魚は足元のハエ根に張り付くことが多いので、一気にゴリ巻きで勝負に出る。
魚は左右に暴れているが、棚の上なので大丈夫♪

なかなか引きが強くて粘り強い一匹目がコイツ。

photo


あ、40あるかも。

photo


あるね(= ̄▽ ̄=)
10ミリぐらい余裕がある。
が、朝一一投目。
6時の釣果なので、この後水氷に8時間漬けることになる。。。

ま、もっと釣る方が先だ。
すぐに同じポイントに仕掛けを放り込むと、今度はイサキ。
次もイサキ。
次はメジナ。
38センチぐらいある。
なんだか絶好調じゃないの♪
と思ったが、メジナのサイズは小さくなりエサ取りが増えてきた。

photo


子供でもブリと呼びますw

とりにくいアタリの魚をようやく掛けてみればサンノジ(´Д⊂ヽ

photo


そしてキタマクラ。。。
ここでちょこっとメジナを覗いてみる。

photo


まだある(= ̄▽ ̄=)

で、釣りを再開するとイス。。。

photo


そしてアイゴ。
辛抱強くコイツらを釣っていれば、メジナも混ざって釣れてくる。
そして引きが滅茶苦茶強い。
魚のコンディションもあると思うが、ココの地形が大きく関係していると思う。

足下のエグレと、3メートルぐらい張り出した切り立ったハエ根。
魚がそこに突っ込もうとするのだ。

満潮時はそんなに厄介ではないが、潮が引いてくるとほぼほぼハエ根に張り付かれる。
今日などは特に、早アワセをするとすっぽ抜けてしまい糸を送って送って喰わせる状況だったので尚更だ。
アワセると同時に魚がハエ根の下に一直線。

でも、今日は一つ面白い発見をした。
正面やや右に張り付かれてしまったのだが、ダメ元でチャカ場右角まで行って引っ張ってみると案外素直に出てくるではないか。

photo


しかも、そこから魚は自動的に棚の上に来る。
たまたまかと思ったが、3匹続けてそうだった。
このハエ根は右下がりになってるのかも?
浜島のチャカ場で張り付かれたら試してみてねw

とまぁ、今日は1日じゅう釣れ続け、潮が下げた後半はハエ根との格闘。
肉体的にはかなり疲れたが、釣りとしては簡単で、誘導ひとヒロからふたヒロの間で全ての魚が釣れてしまった。
たまにはラッキーも良いもんですw

メジナ20匹ぐらい(大きい方から40.5cm,39cm,38.5cm、あとは30ちょいがレギュラーで25~35センチぐらい)、イサキ20匹ぐらい、ブリ子、アイゴ数匹、サンノジ数匹、イスズミ数匹、キタマクラ数匹、ベラ、音速のモンスターばらし