2015年10月31日

どうも、所長です。
ご無沙汰しています。

オフ会前から週末台風に恵まれ、欲求不満な今日此の頃。
何年も前からエサ取りの活発な夏場にチャレンジしてみたいと思っていた落とし込みに、何故か秋磯開幕か!?というこのタイミングで初体験のチャンスがめぐって来たのであります。

今回お世話になったのはキョージ研究員。
実は彼、横浜某所の沖堤マイスター。
今回はおんぶにだっこなのであります。
photo

13時を除き、1時間おきに出船しているというこの船に14時乗船。
photo

船は思いの外快速で
あちこちの沖堤へ着けていきます。

photo

雑誌で見たことあるような風景に、ワクワクはクライマックスなのであります。
photo

そして、キョージ研究員@落とし込み師匠が選んだのは、ベイブリッジ下の「テトラ」と呼ばれるテトラポッドの入った護岸から堤防が伸びている釣り場。
もう、こんな所釣れるに決まってるじゃ~んという雰囲気なのであります。
photo

そして釣り開始。
photo

カニエサを付けて落とし込み、上げては歩き落とし込む。
考えてみると、人間も神様に持ち上げられては落とされ・・・違うかw

あっという間に夕暮れを迎え、ベイブリッジに灯りが灯ると
世間のハロウィンフィーバーに負けないロマンチクな景色なのであります。
photo

下から見るベイブリッジも良いね~♪などと言いながら
エサを青イソに変更。

すると、すぐにメジナが喰って来たのであります。
photo

25センチから30弱ぐらいを中心にパタパタと連ちゃん。
型は小さくても短竿に伝わる感触は超リアルでダイレクト。
なんともエキサイティングなのであります。

メジナの喰いが止まると、師匠がカサゲット!
photo

さっきまでメジナがエサ取り状態だったので、これは付けエサが通って底まで探れてるんじゃないの!?
クロダイ喰うんじゃないの!?

って雰囲気の中、堤防先端の角を流していた師匠に変な魚ヒット!
なんか観光船みたいなのが横切ってベストショットゲトなのであります。
photo

変な魚というのは、アワセた後少し泳いですぐに跳ねたのであります。
スズキ?スズキ?ボラ?
妙な期待と興奮の渦の中、タモに収まったのは見事なフッコなのであります。

photo

マルスズキを見たのは、大井ふ頭でルアーを振った大学生の頃以来。
ちょっと羨ましいと思いつつ、クロダイクロダイと際と底を探るのであります。

すると、メバルゲト♪
photo

美味しくいただいたのであります。
photo

最終の迎えが20時半頃。
半夜が出来るこの釣り場、もう少し日の長い時期に再チャレンジしてみたいと思わせてくれたのであります。



今日の釣果:クチブト4匹、メバル1匹